KAJILESS

家事をレスに。

兼用・代用で物は減る!淘汰された100の物たち—5個目

f:id:kroless:20180804095403j:plain

淘汰100(略)の5個目はネイルグッズです。ガサツでおしゃれが続かないと思っていたけど、どうやら違ってた様子。

白魚の手にあこがれて

ぶっさいくな爪がコンプレックスです。

顏は鏡を見なきゃ済むけれど、指は常に目に入る。でも、マニキュアも続かない。楽しめばいいのに、私の場合は粗を隠そうと躍起になるからつまらない。

強い色では形がばれるし仕事に障る。薄い色では爪先の白い部分が隠れない。ささくれも治らずリムーバーはしみる。地味な色を塗っても全然カワイくないし、むしろ老けて見えてくる…

( ゚Д゚)キィィィイ

 

それでも結婚後、ジェルネイルにハマった時期がありました。

便利だったんです。ヌードカラーの単色塗りで、ビジューも何も付けないから遠慮はいらない。簡単に硬化するし魚もガシガシ捌けるし、爪裏の汚さも見えないし、爪ブラシでゴシゴシ洗えるしで、酷く粗雑に扱っておりました。

そんなあるとき、爪から鈍痛が。
ネイルを剥がしてよく見たら、爪が赤ちゃんみたいに薄くなっている。

( ゚Д゚)ヒィィィィィ

爪を休ませ、様子をみて再開しても痛むので、ジェルネイルは半年で断念しました。

母も母で、UVライトを当てた爪が剥離して白くなり、激痛が続いて通院したそう。親子でこれじゃぁ、爪の弱さも形も遺伝だし、どうしようもないのかな。

それともやっぱりズボラなだけかな、ガサツだなぁ…と自分が嫌になったのでした。

 

自分はガサツだと思ってた

その後は子育てに介護に忙しく、なりふり構わぬ日々が続きます。断捨離も強行し、さらに自分を忙しくする日々。

片づけの最中は荒れ狂う感情の中に居ましたが、物が減ってゆくにつれ、自分の感情を眺めることができる様になっていきました。

そこで気付いたのは、私は『自分を甘やかしてない』ということ。

甘やかし=だらしないイメージですが、そうではなく『自分を大事にしていない』という意味で。

たとえば、ホチキスの針を歯で抜いて歯が欠けたり、タグを食いちぎって出血したり、爪をプルタブに引っ掛けて割ったり、爪ブラシで擦っては爪の白い部分を増やしたり…

恥ずかしいけどそんなことばかり。

でも、心身を整理するにつれ、これがズボラやガサツといった性格ではなく、理由があることに気が付きました。

 

自分にだけガサツなだけ

私には、そうやって自分自身を粗末にし、貶め、蔑む傾向がある様だ。

なぜなら、抜けててズボラな自分でいないと親しまれない。ガサツで卑下しないと嫌われる。お高く留まっている、ワガママだとなじられる、という不安があるから。

 

気付いて愕然としました。
そんな行動原理が、自分の中にあるなんて…

だって、普段から「私バカだから~」とあからさまに卑下していた訳ではないのです。むしろ卑屈なのは自覚していたので、程々であろうと気をつけていたほど。謙遜も過ぎれば嫌味になるし、相手も引くしね。

ある程度の世辞はお互い受けたり流したり、大人の付き合いってそういうものだし、できていると思ってた。

なのに、遠慮のいらない自分自身は粗末にしていた。ズボラとかガサツとか、たぶん性格じゃない。

自分を大事にしない、という選択をしていたんだ。

 

 

ガサツの根っこ

「物を減らすと自分が見える」と言うけれど、まさかこんな自分が見えてくるとは。確かに腑には落ちたけど、ドン引きしたのもまた事実。

( ゚Д゚)エェ…

見捨てられ不安とかセルフネグレストてやつ?
いやいや、そんな病的なもんじゃなくて『ネタにしなきゃ』感というか…

などと自分に言い訳していたら、突然、とある社長さんの疑問を思い出しました。

事務員が派手にすっ転んだと思ったら、すぐ立ち上がり面白いことを言い始めたそうで、何故か取引先の私に聞いてきたのです。

『痛いなら痛がればいいのに、なぜ強がる?若い女の子が、なぜ芸人じみた振る舞いをするんだ?』

なぜ私に?と思いつつ照れ隠しでしょうか、と答えた気がします。若く浅慮な昔の私には、社長がなぜ疑問に思うかすら判りませんでしたが…今思えば多分、今の私が自分に感じるような違和感を感じたのかもしれません。

ピエロを演じて強がる卑屈さ。傷つくことを極端に恐れる臆病さ。照れや恥じらいの裏にある、自分も他人も信じぬ頑なさ。そんな本人も気付かない奥底の異質な感情を、見抜いていたのかもしれません。

その事務員も、私のことすらも。

 

 

ネイルケアよりソウルケア

社長との会話を15年以上も覚えていたということは、私自身にも引っ掛かりがあったのでしょう。今になってようやく、ある種の答えを見出しました。

遅すぎです。もう花の20代はもう還らない。

20代は傷つくことを恐れ、30代は傷ついてることにマヒしてた。

ネイルもそう。20代にマニキュアで隠しては、30代でジェルネイルで強くなったと勘違い。そして酷使の果てに、40代の今は爪も弱り、指も体も痛めてしまった。

手を酷使できない状況になった今になって、遅まきながら「お手入れ」を始めています。といっても簡単なこと。甘皮を手ぬぐいで取ってハンドクリームを塗るだけ。爪でプルタブを引っ掛けたり段ボールを開けないだけ。

それだけで、爪は若い時よりキレイになりつつあります。

結局、自分で自分を粗末にしていただけ。
そして自分で自分を卑屈にしていただけ。

卑屈なのは自信が無いから。
自信がないのは自分を愛していないから。
そして自分を愛するにはお金をかけることでも、誰かに認めてもらうことでもない。

ただ地道にいたわること。

そんな当たり前のことを、手にクリームを塗りながら実感する42才です。