KAJILESS

家事をレスに。

はじめまして

ご覧いただきありがとうございます。

苦労したくない、という思いを込めてクローレスと名乗ることとしました。東北在住。

いちばん重要な家事は「捨てる」こと。
どんなにスマートな家電でも、「選び」「捨てる」機能はありません。

逆に「選び」「捨てる」ことを徹底すれば、最新家電がなくてもスマートな環境が手に入ると思うのです。

物を捨てたり家事の簡素化は罪悪感を伴います。でも、子どもには負わせたくない。それに家事で苦しみたくない。その一心でミニマリストに。 震災経験や筋線維痛症を軸に暮らしの簡素化に努めます。

 

つたないブログですが、よろしくお願いいたします。

本サイトの特徴的な記事をご紹介します。

物の多さは家事のバグ

体は一般普及のパソコンなのに、思考や感情はスパコンレベルの私たち。なので、フリーズしてしまいます。

それではまずい。
パソコンに合わせて、プログラミングを簡素化するしかありません。

どら焼きは食べちゃう。洗濯洗剤は1つだけ、柔軟剤はいらない、カビ取りは…後回しすると余計大変だから今やろう。

物を減らし、今やる。それだけで、プログラミングは簡素化します。

物の多さは家事のバグ。
ただただ物を減らすだけで、家事の効率は上がるのです。

 

www.kajiless.com

 

家の中に危い場所がない、という防災を伝えたい

未曾有の大災害に人が抗うのは難しいことです。
そんな中でも、家で唯一対応できそうなのは、地震対策。

だから、せめて子どもには、家のなかで被災しない術を伝えたい。
震災の苦しい記憶を掘り起こし、詳しく話して怯えさせるのが、震災を生かす方法とは思えない。別の形で引き継ぎたいのです。

住まいを安全な場所にするために、物を減らす。
それが費用対効果も非常に高く、現実的で効果的な減災方法だと伝えたい。

家に居ながら被災しケガをすれば、その後の避難も危ぶまれます。まずは第一次発災の際、できればケガをしないこと。これが生き抜くために大事です。

 

www.kajiless.com

 

兼用・代用で物は減る!淘汰された100の物たち

あらゆる物には需要が有り、ほとんどの方に必要な様に工夫され開発され、販売されているのだと思っています。津々浦々に流通し、多くの方に行き渡っているのですから。

また、新製品や限定品・高級品も素敵です。見て選び、買う行為ってて本当にワクワクします。消費する幸せ、手に入れる喜び。私だって心が躍ります。

でもそこに、「使い切る満足感」も必要なはずなのに…
それが難しい。

物が減っていくにつれ、この考えに至りました。

www.kajiless.com

吾れ花は足るを知る

「花のある暮らし」をやめて生花を淘汰し、石庭のように無機物ばかりの今、私は満足です。不足が満足とはこれいかに。

不足や不完全って結局なんなの?未来が今の積み重ねでしかないように、満足も完全ですら不足や不完全の積み重ねでしかないような…

不足という欲は目標で、不完全を補う修練は成長です。
なのに完全や満足が厭われるのは、私たちが物に期待しすぎるからでは?

アレがあれば、コレがあれば、花があれば…と物ばかり積み重ねる。修練を積み重ねて完全へ至るところを、欲ばかりを積み重ねてる。

 

www.kajiless.com

つたないブログではありますが、よろしくお願いいたします。

 

 

当ブログに掲載されてる広告について

当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Google AdSense)および楽天アフィリエイトを利用しています。宜しくお願いいたします。

 

お問合せについて

お問合せはこちらより入力フォームにジャンプします。

ご意見ご質問などありましたら、よろしくお願いいたします。