KAJILESS

家事をレスに。

2019抱負【本が読めれば本望】全てはのほほん暮らしのために。面倒を減らして楽する本5選。

f:id:kroless:20190125122615j:plain

すっかり明けましておめでとうございました。
今年も手抜き息抜き、ズボラ道を極める所存です。
この期に及んで何ですが、宜しくお願いいたします。

 

至福の4か月でございました 

昨年末より、「本好きの下剋上」にハマりまして。 

 

 んで、その後「QED」シリーズにハマりまして。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

QED 〜ventus〜 御霊将門【電子書籍】[ 高田崇史 ]
価格:594円 (2019/3/10時点)

楽天で購入

 

 ブログ停滞してすみません。
でも至福でした(*´Д`)

現実は色々あっても、精神的に満ち足りた4か月。もっと本を読んでいたいと欲が出たのです。本の主人公のように『自分の立場に付随する最低限の義務をこなし』、物と面倒は極力減らし、もっと読書できる様に自分を変えたいな、と。

 

今年は本が読めれば本望

自分を変えるには、強い意志とか努力が必要と言われますが、どーにも私にはムリっぽい。しかし物が減り環境が変わるにつれ、自身の変化を実感しました。ブチ切れて捨てまくっただけなのに。

環境や気付きでも、人は変わる。

それに気付いた今年は、ひたすら頑張るのではなく、「のほほん暮らし」という目標のために環境を変え、気付きを得たいと思います。その気付きのために読書するという、一石二鳥を企んでおります。

 

全てはのほほん暮らしのために

1,家事の「めんどい」を淘汰する

物を減らすことは環境を変え、家事の煩わしさも軽減します。でも物を無くすことに依存してはいけませんね。

断捨離の後、物足りない私はゴミ袋を手に家を徘徊し、家族に嫌がられました(そりゃそうだ)。そこで物ではなく自分の不便の解消にシフトし、料理や洗濯の手順を変えることに。すると、物がさらに減りました。 

不便や面倒を無くせば、家事も物も淘汰できる。私たちは死ぬまで家事から逃げられません。工夫して回避して、身軽に家事をこなしたい。

でもどこかで、罪悪感が付きまとう…

そんな、家事の呪いを減らしてくれる一冊がこちらでした。


 

2,介護の「しんどい」を軽減する

家事もですが、育児介護からも逃れられません。

育児なら頑張れるし、節目節目で子離れのタイミングもあるけれど…終わりのない介護は難しい。まだ若く世間知らずで看護介護に失敗し、体を壊した私としては、もうあんな軋轢は避けたいのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なんとめでたいご臨終 [ 小笠原 文雄 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/2/10時点)


 

こちらの本は失敗談も含めて誠実に書いてあり、在宅介護サービスの金額など現実的な記述も多く、勉強になりました。が…

これは書評ではなく私の弱さからの発露ですが、在宅ケアはやっぱ怖いです。
だって大前提が「家族や親戚との円滑な関係の構築」だもん。じゃないとめでたくなくなるよ。私はその人間関係が怖いんですよ…

婚後産後で至らなかったし頑張ったつもりだけど、義母と義祖母の看護介護で責められてみじめだったし、今も人が怖い。これは未だ断捨離できてないなぁ。

良好な人間関係が大切なのは解るけど…終わりの見えない介護の中、人間関係なんて簡単に疲弊し悪化する。

「頑張らない」ための介護サービスであるのは重々承知しているけれど…夫や義親の場合は「病院でもダメだった」という「太鼓判」がないと、その後が怖い…肉親ならともかく。

家族や親族より、行政などの第三者と協力する方が良いんだろうね。
うん、その方がきっと楽(諦観)

 


 

こちらの本も有名ですね。
様々な悩みを抱えるボランティアを、著者が丁寧に追いかける。 読み進めるうち、介助する者される者、健常者と障碍者の境目が分らなくなってゆく。そこにあるのは聖人達ではなく、身近な若者達の赤裸々な姿。 

どうしても神聖化しつつ敬遠される介護福祉。その実態を、煩わしさも重さも、性も便臭もあらわに「誰にでも起こりうる」日常に落とし込んだ記録文学、そう感じました。

反面、家族じゃないからこそ、ぶつかり合い、時に通じ合えたのかも…

映画化されましたが、エモーショナルな感動巨編だったら、と思うと観るのをためらいますね…淡々とした描写こそがこの本の真骨頂だと思うから。

 

介護関連の本って、家族・特に嫁や娘の献身が多く、神聖化された印象が強いです。只中にある方には道標となるのでしょうけど、私は正直、反発を感じてしまう。

でも上記は他の著書に比べ、スッと読むことができました。情報を得たり視野を広げるのに良いかもしれません。

 

3,自分の「めんどさ」を克服する

もういい歳ですが、もうちょい健康で賢くなりたいし、自信もほしいし、なにより面倒を回避したいのです。

上記のように、グダグダ考えるのを止めたいワケですな。ストレスを自分自身で作っては不眠になったり、面倒を引き寄せているのだから。

解ってます、でも止まらないのです。
というわけでこちらの本。


 

 「考え方のクセを直す」という言葉で周知されつつある、認知行動療法。

禅や仏教・引き寄せなど、色々な側面から噛み砕いた書籍が出ていますが、どーにも宗教ぽいと「気合で何とか」って感じで苦手。

でも、この本はスッと読めました。ストレスの正体を科学的に説明した上で、セルフケアやコミュニケーション術について述べ、最後は不眠やうつ・パニック障害・肩こりまで、心の病も幅広く取り上げてます。行動認知療法の入門書かも。

 

最後はコレ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 [ T...
価格:1382円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)

楽天で購入

 

グダグダ考えず筋トレ。で、寝る。
コレ最強かも。

 

というわけで2019抱負「目指せのほほん暮らし」は、気付きを得るため読書し、環境を変えるべく淘汰を進める、でした。情報過多にならない様、それらの淘汰も進めつつ。